アプリ開発の基礎知識~androidとiphoneそれぞれの違い

スマートフォン・タブレットの普及率は高い

もはや2人に1人は所持しているスマートフォンやタブレット。若い人だけでなく、中高年の方も仕事やプライベートで使いこなしており、もはや私たちの生活の中で欠かすことが出来ないアイテムとなっています。

androidとiphoneの違いを把握してアプリ開発をしよう

アプリケーション

費用対効果が高いアプリ

費用対効果が高いアプリの中で、圧倒的に効果があるのはプッシュ通知機能のあるアプリです。従来のメルマガは、年々開封率が落ちており、中には届かない人もいるとのことで困っている企業もいます。プッシュ通知機能のあるアプリなら、情報が更新されると音で知らせるので、開封率はメルマガのおよそ8倍効果があると言われています。ホーム画面でもロック画面でも関係なくメッセージが表示されるので、開封率はほぼ100パーセントです。

ニーズを十分に調査しよう

まずはアプリを開発する際に、今の時代のニーズに合っているか調査をしましょう。例えば今外国人観光客の人数が増えており、通訳アプリがあると困ったときに何か聞かれても、外国語が話せない人でも対応できます。今写真をSNSにアップする人が増えていますが、写真映えするようなアプリツールの開発など、周りの人が今どんなことに興味があるのか、どんなアプリが必要か徹底的に調査を行いましょう。

アプリ開発を委託する際の手順

どんなアプリを作るのか考えよう

まずはどんなアプリを開発したいのか考えましょう。ゲームにしたいのか情報系にしたいのか、ジャンルをきちんと設定するといいでしょう。

委託会社に相談をする

大まかに決まったら委託会社へ連絡をしましょう。どんなアプリを作っていきたいのか細かな連絡を取りながらアプリのイメージを作ります。

アプリ開発を行う

アプリ制作にかかります。テストを行いデザインを決め、出来上がったものを依頼主と相談して納得が出来るものか確認します。そして、納得ができたら費用を払います。

納期には余裕を持って依頼しよう

クライアントの方は出来上がるのを楽しみに待っています。そのため、定められた納期をきちんと守らないと後の信頼関係に大きなダメージを与えます。納期には余裕をもってアプリ開発を依頼するようにしましょう。

iphoneアプリとandroidアプリの特徴の違いを比較

iphoneアプリの特徴とは

Apple社が管理しているiphoneアプリは、販売するには厳しい審査が必要になります。その分ウイルスなどの感染リスクが低いので安心して利用できます。

androidアプリの特徴とは

androidアプリは、様々な日本企業が販売することが出来るアプリケーションで、審査は比較的緩やかなので一般の方でも簡単にアプリを開発できます。

広告募集中